渋谷区限定地域情報検索システム
Attole
トップへ

2. 【Attole】の利用方法

【Attole】テキスト検索 【G-Attole】GIS連動ロボットサーチエンジン 【Mapoint】地理情報システム Attole:携帯版 ディレクトリ(カテゴリ)検索

【G-Attole】の利用方法

※表示画像は東京都千代田区Google版の事例を参考にしたイメージ画像です。
@の検索ウィンドウに検索キーワードを入力すると、以下のようにAのウィンドウに結果が一覧表示されます。
  1. 検索結果表示一覧
    上記Aウィンドウの検索結果表示一覧は、Attoleのテキスト版の検索結果と同様です。 また、左上に表示されている番号は、下記のホームページ発信位置表示と連動しています。
  2. ホームページ発信位置表示
    地図画面における地点イメージ番号表示は、検索結果のホームページの発信位置表示です。イメージをマウスクリックすると登録ページ名と登録データが表示されます。
  3. 色別重要度評価表示
    地図画面における地点表示の色別は、検索結果のホームページの重要度評価(ヒット率)を表しています。 ○色別重要度評価順位は、以下の表の通りです
    1位-5位
    6位-10位
    11位-15位
    16位-20位
    21位-25位
    26位-30位
    31位以降

  4. G-Attole の検索操作

    1. キーワード検索
      左の検索パネルにキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。
      結果が表示されます。
    2. 距離から検索
      現在表示している現在地から半径数キロ以内の対象を絞り込むことができます。
    3. 地図に全て表示
      検索結果のアイコンが全て見えるように位置と縮尺が自動的に調節変更されます。
    4. 住所から検索基準点を選択
      距離から検索するときの基準点を住所から指定したい場合に選択します。
    5. 検索表示マップ
      地図画面の左下側に「検索縮小マップ」ボタンがあり、クリックすると小マップウィンドウが開きます。
      ウィンドウが表示された状態でキーワード検索を行うと縮小マップ上にも検索結果がプロットされます。

  5. G-Attole の地図操作
    本地理情報システムは、地図データベースに国土地理院の電子国土Webシステムを利用しています。「電子国土Webシステム」については、別項説明をご覧ください。


    各サービスの操作について

    電子国土Webシステム

    Googleマップシステム

    Virtual Earthシステム


原宿地域情報サーチエンジン【原宿Attole】
サイト運営管理:株式会社つくばマルチメディア